乳児湿疹ってお医者さんに診てもらうべき…?

乳児湿疹 症状

乳児湿疹は小児科で診てもらう必要がある?

更新日:

助産師さんから毎日の洗顔と保湿だけ気をつけていればいいとのアドバイスに従って過ごしていたある日、乳児湿疹を放っておくとそのままアレルギーになってしまう、そんな話を義理の姉から聞きました。

義理の姉もこの前赤ちゃんを産んだばかりで、育児に関しては自分よりはちょっとだけ先輩。

乳腺炎がひどいために母乳外来に行ったタイミングで、義理の妹である私が娘の乳児湿疹を心配していることを気にかけてくれ、その場で助産師さんに質問してくれたようです。

ベビラボママ
でも、湿疹がなんでアレルギーと関係があるんだろう、、

当時、あまり知識のなかったベビラボママは、湿疹とアレルギーの関係が分かりませんでした。

念のため小児科で診てもらった方がいいとのことで、生後2ヶ月の娘を連れて病院へ。

管理人おすすめのベビーローション

アロベビーミルクローション
⇒レビューはこちら

ファムズベビー
⇒レビューはこちら

ぬくもりミルクローション
⇒レビューはこちら

 

放置した乳児湿疹がアレルギーの原因になってしまうのは本当の話

乳児湿疹など皮膚が弱ったところが埃やダニなどアレルゲンとなるものに触れ続けたことによって、肌にアレルギー反応が出てしまうことがあります。

なので湿疹ができたら放置をするのではなく、しっかりと治療をすることが大切です。

ステロイドが入っているけど大丈夫?

小児科から処方されたのはこちらの薬でした。

成分はこちら

  • ロコイドクリーム
  • ヘパリン類似物質油性クリーム

ステロイドが入っていると、赤ちゃんにそんな強い薬を使って大丈夫なのか?と心配される方もいます。

実はステロイドには強さのランクがあることをご存知でしょうか。

ステロイドにはランクがあって、赤ちゃんに処方されるのは低いランク

あまりイメージの良くないステロイドですが、病院で処方されるステロイド外用薬には強さに5段階のランクがあります。

赤ちゃんや子供は副作用が出やすいため大人よりもランクの低いステロイドが処方されます

ベビラボママの赤ちゃんが処方された「ロコイド」も、5段階の下から2番目のマイルドというグループの弱いステロイド外用薬です。

乳児湿疹が治るまでは、このストロイドをしっかり塗布し、肌を治療する必要があります。

逆に「ステロイドはこわい」と自分の判断で量を減らしたりなど勝手な使用をしていると、皮膚の状態は悪化して元の状態に戻ってしまいます。

薬の使用方法は、医師の指示に従うようにしましょう。

小児科よりもオススメは皮膚科

小児科はどちらかというと内科医なので、皮膚については専門ではありません。

ちょっとしたことで小児科に行くと、逆に病気を移されて帰ってくるというケースもありますし、乳児湿疹については小児科よりも皮膚科に行く方が良い場合が多いです。

ベビラボママ
ベビラボママは小児科に行ったばかりにノロウィルスにかかってしまったことがありました…

インフルエンザやノロウィルスが流行する冬は、小児科にはあまり気軽に近づけません。

皮膚科を受診する場合は、赤ちゃんでも診てもらえるか事前に確認することをオススメします。

大事なのは家庭でのケア

乳児湿疹の対策として大切なのは肌のケア。

肌をいつも清潔に保つことはもちろん、保湿が欠かせません。

我が家のベビーはアロベビー ミルクローションを使用しています。

市販のものからネット販売しかしていないものまでいくつも試しましたが、最終的にうちではアロベビー ミルクローションに落ち着きました。

赤ちゃんの保湿に悩むママにはぜひオススメですよ。

価格980円(税抜) ※単品購入の場合は2,300円(税抜)
容量150ml

価格85g
容量2,400円(税抜)

価格2,980円(税抜) ※単品購入の場合は3,980円(税抜)
容量150ml